もしかして薄毛?AGAと認めるまで

薄毛やAGAで悩んでいる方、自分のような変なプライドは捨てて、一刻も早く相談だけでも良いので病院に足を運んでください。
やはりストレスは多大なダメージを与えると聞き、早くAGA治療が受けられるクリニックへ行けばよかったととても後悔しました。自分の経験を是非いかしてください。

ある日ふと気になったことが、AGAを気にしはじめたきっかけでした。
「おでこが広くなっていってるのでは?」前髪なんてあげることが滅多にないので、久々に風呂上がり髪をかきあげると少し気になりました。
久々だったので見間違いかもしれない、そう思うことにしてまたしばらく経ったころ、もう一度おでこを確認しました。
「明らかにおでこの生え際が後退していっている!」確信が持てました。まだ20代半ばの時でした。
そこからはとても悩みました。この歳から髪が減りだしている、、、なんでだろう?考えれば考えるほど気になり、毎日おでこを見てはため息をつく日々。悩むことでストレスがたまり余計髪が減るのでは…ともう悪循環でした。

悩みながらも解決策を見つけよう、少しでも髪が減るのを食い止めようと様々な情報を仕入れました。
食生活を改善してみたり、頭皮マッサージをおこなってみたり。ドラッグストアに売っているような頭皮からケア!などとうたわれているシャンプーや、風呂上がりにシューっとする育毛剤など…あらゆるものを試しました。
対策を取るようにしてからは、進行は少し遅くなった気がしました。ですが完全に後退することが止まったわけではありません。
調べていくうちに、自分はAGAなのではないか?という考えが浮かびました。ですが、病院に相談に行くということは髪が減っていってることを完全に認めてしまうような気がして、なかなか相談に行けませんでした。
しかし、色々と試してもやはり髪は減っていっており、これ以上はヤバイ!と焦りだし、意を決してAGAについて相談にいきました。
結果、もっと早く行けばよかったと後悔しました。

PR|貯蓄|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|JALカード|お家の見直ししま専科|ショッピングカート|心の童話|サプリメント|生命保険の口コミ.COM|お小遣いNET|家計見直しクラブ|